> 社会保険労務士
> 就業規則
> 行政書士
> エコアクション21
> 中小企業診断士
> 産業廃棄物申請
> マネジメントゲーム
> 経営レポート
> 導入事例
> サービス内容
> 事務所概要
> トップページ
> 個人情報の取り扱い
TEL:054-368-5598
FAX:054-363-3310

加代とトラ婆ちゃんのがけっぷち美容室立て直し奮闘記

商売繁盛

就業規則

◆小さな会社の就業規則

“労務トラブル”をなくして“強い組織の会社”をつくる

なぜ 就業規則があるのに労務トラブルが発生するのでしょうか?

多くの会社の就業規則を見ていると、困った就業規則が多く見受けられます。
では、どのような就業規則が困った就業規則なのでしょう?

【 困った就業規則 】
◇ 現状の会社運営に合っていない就業規則
◇ 法律抵触や不備がある就業規則
◇ 万が一のお守りの就業規則
◇ 内容の解釈が曖昧な就業規則
◇ 社長の判断でその都度ブレる就業規則
◇ 会社の価値や社長の想いが社員に伝わらない就業規則

では、このような就業規則の会社で起こるトラブルの一部をご紹介します。

▼ 労務トラブル事例

就業後に社員のために、美容師試験の勉強会を行ったら残業手当を請求された美容室オーナー

社員全員で始業前に掃除を行っているが、それに対し早出手当を請求された建設会社社長

遅刻をした社員から、その日の半日有給休暇を申請され、取扱いに苦慮した食品会社社長

人事評価により降級、降職した社員から、労働条件の不利益変更ではないかと訴えられた商社社長

会社の業績不振により、社員の同意を得られなく一方的に減給し、労働紛争で会社が大混乱になってしまった製造会社社長

能力不足を理由に社員を解雇したが、不当解雇として労働基準監督署へ訴え出られた卸売会社社長

茶髪やひげを注意しても改めない社員の処遇に苦慮するホテル会社社長

このような労務トラブルは他人事ではありません。
曖昧で組織実態を反映していない就業規則では、労務トラブルから会社を守る事ができません!!

更に言うならば、そのトラブルの根底には、社長の思いが社員と共有されていないという問題もあります。 本当の意味での強い組織とは、「社員が会社の価値や社長の想いを理解し共有している組織」ではないでしょうか?

ですからこれからは、
「会社を守る就業規則」プラス「相互信頼の就業規則」の時代なのです。

◆経営しやすくするだけで組織力は増大

経営しやすい組織 = 強い組織とは
社員が会社の価値や社長の想いを理解し共有している組織
組織内の“相互性”を形にするための就業規則
会社ルールの明確化と源泉な運用こそが、強い組織の基盤となる

曖昧な就業規則やその運用が労務トラブルの根源!
労務トラブルをなくして“経営しやすい会社”をつくる!

価値を共有していない組織はガンバレない!
働き方を決めていない組織はガンバレない!
組織全体がガンバレル風土づくり!

これからは…

会社を守る就業規則+相互信頼の就業規則

の時代!!


社長が経営しやすい組織は強い組織です。今や組織風土は業績や成長を左右する時代です。 そんな経営上の要因に、就業規則は直接働きかけるものでなくてはなりません。

労務トラブルは、ルールやその考え方が明確なら問題は小さくなります。なぜなら、社員の権利意識は、むしろ漠然とした期待から生まれるからです。

Copyright(C)2005 mochizuki-office/produced by mochizuki